News

新しい大学院「減災復興政策研究科」がスタートしました

2017年04月26日 05:33
2017年4月1日より、兵庫県立大学に新しい大学院「減災復興政策研究科」が誕生し、修士課程がスタートしました。13名の修士課程の学生と、1名の研究生を迎え、防災や復興の専門家育成に当たります。私の所属も、この大学院と防災教育研究センターの兼務となりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

兵庫県立大学に移りました

2016年04月07日 02:11
2016年4月より、神戸大学から兵庫県立大学に所属が替わりました。教育、研究、社会活動については、大部分を継続していますので、所属組織以外はあまり変わりありません。引き続きよろしくお願いいたします。

”兵庫ネパール大地震復興支援研究チーム”による被災地調査報告会のご案内

2015年10月01日 11:24
10/8日の18:30から、兵庫県立大、人と防災未来センター等によるネパール調査の報告会がありますので、ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。(調査には、神戸大の都市安全研究センター、国際協力研究科のメンバーも参加しております。) ++++++++++++++++++++++++++++++++ 「兵庫県立大学防災教育研究センター」と「人と防災未来センター」では、兵庫県立松陽高校諏訪清二教諭のご協力を得て、本年5月に発生したネパール大地震からの復興支援のための“Nepal Support Study Team by...

4月27日の愛媛県での研修が、愛媛新聞の記事に紹介されていました

2015年05月06日 16:05
毎年講師を担当している愛媛県での自治体職員向けの防災研修が、愛媛新聞に紹介されていました。(毎年やっているものなので、ニュース性はないと思うのですが。。。) http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150428/news20150428216.html

2015/1/19日本経済新聞にて、神戸大の防災リスクマネジメントユニットが紹介

2015年05月06日 16:02
少し古い話になりますが、2015/1/19の日本経済新聞にて、神戸大の防災リスクマネジメントユニットが紹介されました。私のコメントも載っています。電子版へのリンクがありましたので、ご紹介いたします。アメリカの事例に関する情報は、このホームページでも紹介しているものです。 http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXMZO81910290U5A110C1960M00&uah=DF130920114243  

TEAM防災ジャパンのリレー寄稿に参加しました

2015年05月06日 15:59
「TEAM防災ジャパン」というサイトで、順番に誰かを紹介していくというリレー寄稿があります。芦屋市の今石様からのご指名で、私も投稿いたしました。できるだけ短くまとめたつもりですので、ぜひご一読ください。https://bosaijapan.jp/people/%E7%B4%85%E8%B0%B7%E6%98%87%E5%B9%B3%EF%BC%88%E3%81%B9%E3%81%AB%E3%82%84%E3%83%BB%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B8%E3%81%84%EF%BC%89/

愛媛新聞「えひめ人」に紹介していただきました

2015年01月12日 16:21
阪神・淡路大震災20周年ということもあり、愛媛新聞の、愛媛県出身者を紹介する「えひめ人」の欄でご紹介いただきました。 インターネットでもみられます。

1月9日の神戸大学の阪神・淡路大震災20周年シンポジウムが、神戸新聞に紹介されました。

2015年01月12日 16:19
1月9日の神戸大学の阪神・淡路大震災20周年シンポジウムが、神戸新聞に紹介されました。 こちらのページになります。

阪神・淡路大震災20周年イベントのページを特設しました

2015年01月12日 16:17
阪神・淡路大震災20周年のイベントが数多くありますので、特設ページにて手持ちの情報を整理いたしました。 1月いっぱいは、順次更新する予定ですので、今年度内のイベント情報等があれば、お寄せ下さい。

河内長野市での取組が、神戸大学環境報告書2014に取り上げられました

2014年10月01日 04:21
アドバイザー、勉強会座長として関わっている河内長野市での、河内長野ガス新社屋における地域防災支援拠点の取組が、神戸大学環境報告書2014に取り上げられました。 河内長野市における産・官・民協働による地域防災支援拠点の検討 http://www.kobe-u.ac.jp/report/environmental/2014/4-1-7.html
1 | 2 >>